人の評価を決める賃金評価制度

Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

お給料の額である程度、その人物の評価が決まると思いますが、その会社で給与やボーナスなどを支給する時に目安となる「賃金評価制度」を設定するのは、なかなか難しいものがあります。会社の規模にもよると思いますが、中小企業などでは代表取締役、つまり社長がだいたいの給与やボーナスの金額のラインを決定しています。社長の考え方により、どのような人にどれぐらい与えるかというラインは違ってきます。さらに、その考えが妥当かどうかも大切なポイントです。 賃金評価制度は、従業員に意欲的に働いてもらうためのシステムづくりです。がんばっている人が働きの悪い人とお給料が同じであれば、やる気のある人は辞めていってしまうでしょう。日本は長い間年功序列の制度で、年を取るとお給料は右肩上がりに上がっていましたが、この制度はだんだん崩れてきています。年を取っていても働きの悪い人に高い給料を払っていれば、優秀な若い人材を採用することができず、後継者が育たなくなるでしょう。 やる気のある人材を育てて、会社を大きくするためにも、正当な「賃金評価制度」を定めることが大切です。たいていの中小企業は、社長が賃金体系を決めていると思いますが、社長の独断的な金額ではなく、多くの従業員に納得してもらえる金額でなければいけません。どの程度の金額が妥当なものかというのは個人差がありますので、よく話し合う必要があります。また、時代により賃金ベースにも浮き沈みがありますから、変化に合わせた対応を行う必要もあるでしょう。