いろんな賃金評価制度があります

Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

賃金評価制度は社員のモチベーションにもかかわってくる大変重要なものとなっているとおもいますが、この賃金評価制度にはいろんなものがあるようです。
会社があれば、その会社の数だけあるといってもいいのかもしれません。

少し前にテレビで紹介されたすごいいいと思った賃金評価制度を紹介します。その会社の賃金評価制度をひとことでいうとガラス張りの制度といえるとおもいます。非常に透明性の高い賃金評価制度となっていることが特徴でした。

その会社では全ての社員の給与がわかるようになっていたのです。社長の給与はもとより、社員すべての給与があるパソコンにアクセスするとわかるようになっているということが大きな特徴のひとつです。
そして、さらに大きな特徴は、その給与にたいして、不服の申し立てができるということでした。
社員は自分の給与に不服がある場合には不服として、自分の希望する給与を申請できるのです。そして、申請した給与が適正かどうかを判断してもらえるのです。

この判断をするのがなんと社員全員でするのが特徴です。上司や人事や社長ではないのです。
社員全員の投票によって、判断されるのがこの制度の大きな特徴です。
社長や上司も一票の権利しか持っていないのが大きな特徴です。
そのため、社長であっても、給与を決定する権利をもっていないというのがこのシステムのすごいところです。
社員の過半数がその不服を認めれば、その給与が認められて判決は終了ということになる面白い制度です。